本文へ移動

作業レポート(川袋)

川袋地区道路改良工事

1月末撮影

年明けより、カルバートの側壁・頂版の打設へ向け内部型枠と支保工の組立を行っています。
2月にかけ型枠及び鉄筋の組立を行い、3月上中旬に側壁の打設を行う予定としています。
降雪や強風により作業環境が厳しい時期となっておりますが、墜落災害の防止に努め作業を進めていきます。


現場代理人:畠山 康介

12月末撮影

年内に底版部の打設が完了し、年明けから内部型枠及び支保工の組立を行います。
引続き、クレーン災害及び足場からの墜落・落下災害の防止に努め作業を進めていきます。


現場代理人:畠山 康介

11月末撮影

現在、枕梁及び躯体の均しコンクリートの打設が完了し、足場の組立を行っております。
これから鉄筋と型枠の組立を行い、12月中旬に底版部のコンクリート打設を行う予定としております。
冬季の打設工程となり、作業環境が厳しくなることが予想されますが、安全第一で作業を進めていきます。


現場代理人:畠山 康介

10月末撮影

9月中旬よりカルバート工の作業土工に着手し、現在は枕梁の施工を行っています。
来月から躯体部の本格着手となり、クレーン作業・足場上での作業がメインとなります。
クレーン災害と転落・墜落災害の防止に努め作業を進めて行きます。



現場代理人:畠山 康介

8月末撮影

現在、象潟IC脇にて掘削工区より発生した転石の破砕作業を行っています。
カルバート工区については9月中旬頃に支障移転工事が完了する見込みとなっており、
本格着手に向け準備工を行っていきます。
暑い日がまだまだ続く予報となっているため、引続き熱中症災害の防止に努め作業を進めて行きます。


現場代理人:畠山 康介