本文へ移動

作業レポート

栗目木沢橋橋脚工事

6月末撮影

柱①リフトの打設が完了し、7月の②リフト打設に向け鉄筋・型枠の組立を行っています。
足場の段数も5段から11段となり、更に高所での作業となっています。
引続き墜落災害の防止と降雨対策を徹底し作業を進めて行きます。


現場代理人:畠山 康介

5月末撮影

P2橋脚の上下線フーチング打設が完了し、柱①リフト目の鉄筋及び型枠の組立を行っています。
足場内での作業となるため、墜落災害の防止に努め作業を進めていきます。


現場代理人:畠山 康介

4月末撮影

現在、橋脚躯体工の鉄筋組立を行っております。
5月からフーチング部の型枠組立を行い、中旬頃にコンクリート打設を行う予定です。
引続きクレーンによる吊込み作業がメインとなるため、クレーン・ワイヤーの始業前点検の徹底と、作業時の玉掛け・地切りの確認を徹底し無事故で施工を行っていきます。


現場代理人:畠山 康介

3月末撮影

場所杭工が完了し、4月から橋脚躯体工を施工していきます。
クレーン作業がメインとなるため、作業開始前点検の確実な実施と作業時の合図を徹底し、クレーン作業時の災害防止に努め作業を行っていきます。



現場代理人:畠山 康介

2月末撮影

クレーン作業ヤードの造成が完了し、場所打ち杭工を施工しています。
ヤード内が狭い中での施工となりますが、重機と作業員の分離措置を徹底し、接触事故防止を目標に施工していきます。



現場代理人:畠山 康介