本文へ移動

作業レポート

象潟洗釜地区道路改良工事

6月末撮影

月末に第2回変更契約が完了して工事金額が増額になり工期が11月まで延長になりました。
それにより進捗率も大幅に変更になりました。
今後は盛土工事と排水溝造物工事がメインとなり重機と人との混在作業になるため接触事故防止を重点的に管理していき、熱中症対策も行いながら安全作業に努めていきます。

6月末進捗率 71%

現場代理人:伊藤 博明

5月末撮影

第2回中間技術検査が5月末に終了して6月から護岸工、カルバート工の埋戻しに入ります。
今後は土工中心の施工になるため重機が数多く稼働するので作業員との接触事故や熱中症対策を重点的に管理しながら作業を進めていきます。
5月末進捗率74%


現場代理人:伊藤 博明

4月末撮影

4月にカルバート工のコンクリート打設が全て完了しました。
5月連休明けに型枠支保工と足場の解体を行い、カルバート上下流の護岸工に進んでいきます。
また盛土材の受け入れは4月で40%進捗して5月中に完了させる予定です。
今後は天候も良く工事が一気に進んでいくため全体をよく把握して安全管理に努めていきます。
4月末進捗率63%


現場代理人:伊藤 博明

3月末撮影

現在、カルバート工河川ボックスの施工が最盛期となり忙しい時は20人程度で現場が動いています。
計5回の生コン打設のうち3回まで完了し4月中に2回打設を行う予定です。
4月から盛土材の受け入れや他工区の施工も始まることから、今以上に安全管理を徹底して無事故で完成を目指します。
3月末進捗率45%


現場代理人:伊藤 博明

2月末撮影

今年の象潟は近年稀にみる大雪になっております。
毎日除雪をしながら河川ボックスの施工を進めており、2月14日に1回目のコンクリート打設が完了しました。
残りの打設は4回となり今後は天候も回復してきますので、進捗率をあげるよう現場一丸となり進めていきます。
2月末進捗率36%


現場代理人:伊藤 博明